【Windows 10】ユーザー情報をマイクロソフトに送信しない方法

Pocket

Windows 10は、連絡先、カレンダーの予定、タイピングなどの入力情報がマイクロソフトに送信しています。これは、よりユーザーに合ったコンテンツを提案したり、マイクロソフトが今後の機能改善に利用したりするためとされています。この設定を無効にし、ユーザー情報をマイクロソフトに送信しない方法を紹介します。

方法1:w10customによる設定

w10customを起動し、プライバシータブの

  • 連絡先やカレンダーの内容などをマイクロソフトに送信しない
  • 入力に関する情報をマイクロソフトに送信しない

をオンにすることで設定にできます。なお、簡単設定タブの「おすすめ設定」をクリックするとオン(ユーザー情報を送信しない)となります。変更後、OKをクリックしてw10customを終了し、サインインしなおす必要があります。

プライバシー

 

対応するレジストリ

w10customは以下のレジストリを変更しています。

連絡先やカレンダーの内容などをマイクロソフトに送信しない

PathHKEY_CURRNET_USERSOFTWAREMicrosoftPersonalizationSettings
NameAcceptedPrivacyPolicy
TypeDWORD
Value0: 送信しない
1: 送信する
PathHKEY_CURRNET_USERSOFTWAREMicrosoftWindowsCurrentVersionSettingSyncGroupsLanguage
NameEnabled
TypeDWORD
Value0: 送信しない
1: 送信する
PathHKEY_CURRNET_USERSOFTWAREMicrosoftInputPersonalization
NameRestrictImplicitInkCollection
TypeDWORD
Value1: 送信しない
0: 送信する
PathHKEY_CURRNET_USERSOFTWAREMicrosoftInputPersonalization
NameRestrictImplicitTextCollection
TypeDWORD
Value1: 送信しない
0: 送信する

入力に関する情報をマイクロソフトに送信しない

PathHKEY_CURRENT_USERSOFTWAREMicrosoftInputTIPC
NameEnabled
TypeDWORD
Value0: 送信しない
1: 送信する

 方法2:コマンドプロンプトによる設定

コマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを実行することで無効にできます。

有効に戻すには、以下のコマンドを実行します。

設定の反映には、再サインインが必要となります。

方法3:PowerShellコンソールによる設定

PowerShellコンソールを開き、以下のコードを実行することで無効にできます。

有効に戻すには、以下のコードを実行します。

再サインインが必要なのは、他と同様です。

Comments

コメント

Pocket