【Windows 10】SmartScreenフィルターをオフにする方法

Pocket

Windows 10のSmartScreenフィルターは、コンピューターウイルスやフィッシング詐欺などからユーザーを保護する仕組みです。フィッシングサイトなど、ユーザーに被害を及ぼしかねないサイトへのアクセスを検出し、サイトの表示やダウンロードをブロックするなどの機能があります。この機能を有効にすると、アクセスしようとしているWebサイトのURLや、初めて起動するアプリケーションの情報などがすべてマイクロソフトに送信されます。これを快く思わないユーザーも多いでしょう。Windows 10のデフォルトでは有効となっているため、変更のためには設定が必要です。

方法1:w10customによる設定

w10customを起動し、プライバシータブの

  • アプリのSmartScreenフィルター機能を無効にする
  • Internet ExplorerのSmartScreenフィルター機能を無効にする
  • Microsoft EdgeのSmartScreenフィルター機能を無効にする

をオンにすることで、それぞれ無効にできます。なお、簡単設定タブの「おすすめ設定」をクリックすると自動でオン(無効)になります。変更後、OKをクリックしてw10customを終了し、サインインしなおす必要があります。
プライバシー

対応するレジストリ

w10customは以下のレジストリを変更しています。

アプリのSmartScreenフィルター機能を無効にする

PathHKEY_CURRENT_USERSOFTWAREMicrosoftWindowsCurrentVersionAppHost
NameEnableWebContentEvaluation
TypeDWORD
Value0: 無効
1: 有効

Internet ExplorerのSmartScreenフィルター機能を無効にする

PathHKEY_CURRENT_USERSOFTWAREMicrosoftInternet ExplorerPhishingFilter
NameEnabledV9
TypeDWORD
Value0: 無効
1: 有効

Microsoft EdgeのSmartScreenフィルター機能を無効にする

PathHKEY_CURRENT_USERSOFTWAREClassesLocal SettingsSoftwareMicrosoftWindowsCurrentVersionAppContainerStoragemicrosoft.microsoftedge_8wekyb3d8bbweMicrosoftEdgePhishingFilter
NameEnabledV9
TypeDWORD
Value0: 無効
1: 有効

方法2:コマンドプロンプトによる設定

コマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを実行することで無効にできます。

有効に戻すには、以下のコマンドを実行します。

設定の反映には、再サインインが必要となります。

方法3:PowerShellコンソールによる設定

PowerShellコンソールを開き、以下のコードを実行することで無効にできます。

有効に戻すには、以下のコードを実行します。

再サインインが必要なのは、他と同様です。

Comments

コメント

Pocket