【Windows 10】アプリによる位置情報を取得を無効にする方法

Pocket

Windows 10では、アプリがデバイスの位置情報を取得する仕組みがあります。Windows 10タブレットで利用している場合など、各アプリで位置情報を扱えたほうが便利な場合も多くあります。しかしながら、デバイスの用途によってはアプリに位置情報を提供したくない場合もあるでしょう。ここでは、アプリによる位置情報を取得を無効にする方法を紹介します。

方法1:w10customによる設定

w10customを起動し、プライバシータブの

  • アプリによる位置情報を取得を無効にする

をオンにすることで無効にできます。変更後、OKをクリックしてw10customを終了し、サインインしなおす必要があります。

プライバシー

 

対応するレジストリ

w10customは以下のレジストリを変更しています。

広告識別子を無効にする

PathHKEY_CURRENT_USERSOFTWAREMicrosoftWindows NTCurrentVersionSensorPermissions{BFA794E4-F964-4FDB-90F6-51056BFE4B44}
NameSensorPermissionState
TypeDWORD
Value0: 無効
1: 有効

方法2:コマンドプロンプトによる設定

コマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを実行することで無効にできます。

有効に戻すには、以下のコマンドを実行します。

設定の反映には、再サインインが必要となります。

方法3:PowerShellコンソールによる設定

PowerShellコンソールを開き、以下のコードを実行することで無効にできます。

有効に戻すには、以下のコードを実行します。

再サインインが必要なのは、他と同様です。

Pocket