【Windows 10】マイクロソフトへのデータ送信を抑制する方法

Pocket

Windows 10はシステム内のデータを収集してマイクロソフトに送信しています。これは、ユーザーの使用状況やシステム構成、パフォーマンスといった情報をマイクロソフトが収集し、Windowsや各種サービスの開発に利用するためとされています。この機能はWindows 10に負荷がかかるだけで、ユーザーにとって必須のものではありません。このマイクロソフトへのデータ送信を抑制する方法を紹介します。

方法1:w10customによる設定

w10customを起動し、プライバシータブの

  • Windowsカスタマーエクスペリエンス向上プログラムを無効にする
  • 診断データと使用状況データの収集と送信を抑制する
  • アプリケーション影響度遠隔測定エージェントを無効にする

をオンにすることでデータ送信を抑制できます。なお、簡単設定タブの「おすすめ設定」あるいは「ひかえめ設定」をクリックするとオン(データ送信を抑制)となります。変更後、OKをクリックしてw10customを終了し、再起動する必要があります。

プライバシー

 

対応するレジストリ

w10customは以下のレジストリを変更しています。

Windowsカスタマーエクスペリエンス向上プログラムを無効にする

PathHKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREPoliciesMicrosoftSQMClientWindows
NameCEIPEnable
TypeDWORD
Value0: 無効
1: 有効

診断データと使用状況データの収集と送信を抑制する

PathHKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREPoliciesMicrosoftWindowsDataCollection
NameAllowTelemetry
TypeDWORD
Value0~3

アプリケーション影響度遠隔測定エージェントを無効にする

PathHKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREPoliciesMicrosoftWindowsAppCompat
NameAITEnable
TypeDWORD
Value0: 無効
1: 有効

方法2:コマンドプロンプトによる設定

コマンドプロンプトを管理者として開き、以下のコマンドを実行することで無効にできます。

有効に戻すには、以下のコマンドを実行します。

設定の反映には、再起動が必要となります。

方法3:PowerShellコンソールによる設定

PowerShellコンソールを管理者として開き、以下のコードを実行することで無効にできます。

有効に戻すには、以下のコードを実行します。

再起動が必要なのは、他と同様です。

Comments

コメント

Pocket