【Windows 10】SmartScreenフィルターをオフにする方法

Pocket

Windows 10のSmartScreenフィルターは、コンピューターウイルスやフィッシング詐欺などからユーザーを保護する仕組みです。フィッシングサイトなど、ユーザーに被害を及ぼしかねないサイトへのアクセスを検出し、サイトの表示やダウンロードをブロックするなどの機能があります。この機能を有効にすると、アクセスしようとしているWebサイトのURLや、初めて起動するアプリケーションの情報などがすべてマイクロソフトに送信されます。これを快く思わないユーザーも多いでしょう。Windows 10のデフォルトでは有効となっているため、変更のためには設定が必要です。

方法1:w10customによる設定

w10customを起動し、プライバシータブの

  • アプリのSmartScreenフィルター機能を無効にする
  • Internet ExplorerのSmartScreenフィルター機能を無効にする
  • Microsoft EdgeのSmartScreenフィルター機能を無効にする

をオンにすることで、それぞれ無効にできます。なお、簡単設定タブの「おすすめ設定」をクリックすると自動でオン(無効)になります。変更後、OKをクリックしてw10customを終了し、サインインしなおす必要があります。
プライバシー
続きを読む

【Windows 10】トラッキング用の広告識別子を無効にする方法

Pocket

Windows 10の広告識別子(広告ID)は、各アプリがユーザーをトラッキングするためのIDです。アプリの開発元は、このIDを利用して特定のユーザーが使用しているアプリと使用頻度などを収集することができます。トラッキングを快く思わないユーザーは、無効にしたいと考えるでしょう。Windows 10のデフォルトでは有効となっているため、変更のためには設定が必要です。

方法1:w10customによる設定

w10customを起動し、プライバシータブの

  • 広告識別子を無効にする

をオンにすることで無効にできます。なお、簡単設定タブの「おすすめ設定」をクリックするとオン(無効)となります。変更後、OKをクリックしてw10customを終了し、サインインしなおす必要があります。

プライバシー

 

続きを読む

【Windows 10】Windowsサーチをローカルに限定する方法

Pocket

Windows 10のタスクバー検索は、Cortanaがオンになっている場合にCortanaが使われます。Cortanaをオフにしても、デフォルトでBingを用いたWeb検索の結果が含められます。ということは、入力した検索文字列が常にマイクロソフトに送信されているということになります。これを好まないユーザーも多いでしょう。ここでは、Windows 10に検索文字列を入力した時に、自動的にインターネット検索を行う機能をすべてオフにする方法を解説します。

方法1:w10customによる設定

w10customを管理者として起動し、プライバシータブの

  • Cortanaの実行を許可しない
  • タスクバー検索にWebの検索結果を含めない
  • WindowsサーチからWeb検索オプションを削除する
  • WindowsサーチでWeb検索を行わない

をすべてオンにすることで、Cortanaと自動Bing検索を無効にできます(WebブラウザからはBindで検索可能)。なお、簡単設定タブの「おすすめ設定」をクリックすると、すべてオンとなります。変更後、OKをクリックしてw10customを終了し、再起動する必要があります。

プライバシー

 

続きを読む

【Windows 10】ユーザー情報をマイクロソフトに送信しない方法

Pocket

Windows 10は、連絡先、カレンダーの予定、タイピングなどの入力情報がマイクロソフトに送信しています。これは、よりユーザーに合ったコンテンツを提案したり、マイクロソフトが今後の機能改善に利用したりするためとされています。この設定を無効にし、ユーザー情報をマイクロソフトに送信しない方法を紹介します。

方法1:w10customによる設定

w10customを起動し、プライバシータブの

  • 連絡先やカレンダーの内容などをマイクロソフトに送信しない
  • 入力に関する情報をマイクロソフトに送信しない

をオンにすることで設定にできます。なお、簡単設定タブの「おすすめ設定」をクリックするとオン(ユーザー情報を送信しない)となります。変更後、OKをクリックしてw10customを終了し、サインインしなおす必要があります。

プライバシー

 

続きを読む

【Windows 10】マイクロソフトへのデータ送信を抑制する方法

Pocket

Windows 10はシステム内のデータを収集してマイクロソフトに送信しています。これは、ユーザーの使用状況やシステム構成、パフォーマンスといった情報をマイクロソフトが収集し、Windowsや各種サービスの開発に利用するためとされています。この機能はWindows 10に負荷がかかるだけで、ユーザーにとって必須のものではありません。このマイクロソフトへのデータ送信を抑制する方法を紹介します。

方法1:w10customによる設定

w10customを起動し、プライバシータブの

  • Windowsカスタマーエクスペリエンス向上プログラムを無効にする
  • 診断データと使用状況データの収集と送信を抑制する
  • アプリケーション影響度遠隔測定エージェントを無効にする

をオンにすることでデータ送信を抑制できます。なお、簡単設定タブの「おすすめ設定」あるいは「ひかえめ設定」をクリックするとオン(データ送信を抑制)となります。変更後、OKをクリックしてw10customを終了し、再起動する必要があります。

プライバシー

 

続きを読む

w10custom – Windows 10プライバシー対策&簡単設定アプリ

Pocket

面倒なWindows 10のプライバシー対策と各種設定を簡単に行うアプリケーション「w10custom」を配布しています。このアプリを使うことで、Windows 10移行後の設定を素早く終わらせることができます。

プライバシー

簡単設定タブより、アプリ一括インストールアプリ「w10appinst」、フリーフォント一括インストールアプリ「w10fontinst」を起動することができます。合わせてご利用ください。

続きを読む