Windows 10

5分で終わる!絶対にやっておいたほうがいいWindows 10プライバシー対策

Pocket

windows10_privacy

Windows 10への無料アップグレード、予告通り7月29日で終わってしまうみたいですね。
でもWindows 10はプライバシーが心配という人、多いですよね。

確かに、Windows 10を使うと検索文字列や閲覧したサイトのURLなどがマイクロソフトに送信されてしまいます。

情報を送信しないよう設定することもできますが、Windows 10標準の設定画面で行うのは面倒で、時間もかかります。

そこで、無料ツールを使って5分でWindows 10のプライバシー対策を行う方法を紹介します!

プライバシー設定を行うことで余計な処理が実行されなくなるので、Windows 10の高速化も期待できますよ。

続きを読む

w10appinst – アプリ一括インストールアプリ

Pocket

Windowsに各種アプリケーションを一括インストールするアプリ「w10appinst」を配布しています。選択したアプリケーションのダウンロードとインストールを自動で行うことで、効率的にPC環境を整えることができます。

w10appinst

このアプリは、バックグラウンドでChocolatey NuGetを実行して、アプリケーションのインストール、アンインストール、アップグレードを行います。

また、Aboutタブより、Windows 10プライバシー対策&設定アプリ「w10custom」、フリーフォント一括インストールアプリ「w10fontinst」を起動することができます。合わせてご利用ください。

続きを読む

w10fontinst – フリーフォント一括インストールアプリ

Pocket

Windowsに日本語フリーフォントをダウンロード、インストールするアプリ「w10fontinst」を配布しています。このアプリを使うことで、各フリーフォントのダウンロードとインストールを一括で行うことができます。

w10fontinst

Aboutタブより、Windows 10プライバシー対策&設定アプリ「w10custom」、アプリ一括インストールアプリ「w10appinst」を起動することができます。合わせてご利用ください。

続きを読む

w10custom – タスクタブの設定項目

Pocket

w10customのタスクタブで設定できる項目は以下の通りです。

カスタマーエクスペリエンス向上プログラム関連データ送信タスクを無効にする

カスタマーエクスペリエンス向上プログラム関連データをマイクロソフトに送信するタスクを無効にする。

電源管理の分析タスクを無効にする

電源管理を分析し、結果を保存するタスクを無効にする。

自動デフラグタスクを無効にする

自動的にデフラグを実行するタスクを無効にする。

システム性能測定タスクを無効にする

システムのパフォーマンスおよび性能を測定するタスクを無効にする。

Windowsエラー報告タスクを無効にする

Windowsエラーをマイクロソフトに送信するタスクを無効にする。

w10custom – サービスタブの設定項目

Pocket

w10customのサービスタブで設定できる項目は以下の通りです。

診断追跡サービスを無効にする

Windowsシステムの診断情報の収集とマイクロソフトへの送信を行うためのサービス(DiagTrack)を無効にする。

WAPプッシュメッセージルーティングサービスを無効にする

Windowsシステムの診断情報の収集とマイクロソフトへの送信を行うためのサービス(dmwappushservice)を無効にする。

診断ポリシーサービスを無効にする

Windowsのトラブルシューティングを行うサービス(DPS)を無効にする。

Distributed Link Tracking Clientサービスを無効にする

分散リンクトラッキングクライアントサービス(TrkWks)を無効にする。

プログラム互換性アシスタントサービスを無効にする

プログラム互換性アシスタントサービス(PcaSvc)を無効にする。

Windowsエラー報告サービスを無効にする

Windowsのエラーをマイクロソフトに報告するためのサービス(WerSvc)を無効にする。

Secondary Logonサービスを無効にする

ログイン中のユーザーと別のユーザーでプログラムを実行するためのサービス(seclogon)を無効にする。

IP Helperサービスを無効にする

IPv6移行テクノロジおよびIP-HTTPSを提供するサービス(iphlpsvc)を無効にする。

w10custom – Windows Updateタブの設定項目

Pocket

w10customのWindows Updateタブで設定できる項目は以下の通りです。

更新プログラムのインストール時に再起動の日時を設定するよう通知する

更新プログラムのインストールを完了するために再起動が必要な場合、再起動する日時を設定するようユーザーに通知するための設定。

ログオンしているユーザーがいる場合に自動で再起動しない

更新プログラムのインストールを完了するために再起動が必要な場合、ログオンしているユーザーがいる場合に自動で再起動しないための設定。

更新プログラムをインターネット上のPCと共有しない

更新プログラムをインターネット上のPCとP2P共有しないための設定。

w10custom – 外観タブの設定項目

Pocket

w10customの外観タブで設定できる項目は以下の通りです。

スタート画面におすすめ(広告)を表示しない

スタート画面におすすめのアプリなどが表示されないよう設定。

ウィンドウの最大化、最小化時にアニメーションを表示しない

ウィンドウの最大化、最小化時に、アニメーションを表示しないよう設定。

スタート、タスク バー、アクション センターを透明にしない

スタート、タスクバー、アクションセンター表示時に、半透明にしないよう設定。

スタート、タスク バー、アクション センター、タイトル バーに色をつける

スタート、タスクバー、アクションセンター、タイトルバーに色をつける設定。

ダークテーマを使用する

ユニバーサルWindowsアプリの色をダークなものに変更する設定。

ボリュームミキサーをWindows 8.1以前と同じものに変える

ボリュームミキサーをWindows 8.1以前と同じものに変える設定。

ロックスクリーンを無効化する

PC起動時やロック時に表示されるロックスクリーンを無効にする設定。

w10custom – CapsLockタブの設定項目

Pocket

w10customのCapsLockタブで設定できる項目は以下の通りです。

CapsLockをCtrlに変更する

CapsLockキーを、Ctrlキーに変更するための設定。

CapsLockとCtrlを入れ替える

CapsLockキーとCtrlキーを入れ替えるための設定。

w10custom – ネットワークタブの設定項目

Pocket

w10customのネットワークタブで設定できる項目は以下の通りです。

Wi-Fiセンサー(ホットスポット共有)を許可しない

他のユーザーから共有されたホットスポットへの接続を許可しないための設定。

共有されたホットスポットへの自動接続を許可しない

共有されたホットスポットへの自動接続を許可しないための設定。

w10custom – フォルダーオプションタブの設定項目

Pocket

w10customのフォルダーオプションタブで設定できる項目は以下の通りです。

登録されている拡張子も表示する

ファイル名に.exeや.txtといった既知の拡張子を含めて表示する。PCの操作に慣れたユーザーなら、まず最初に指定するオプションだと思われる。

タイトルバーに完全なパスを表示する

デフォルトではタイトルバーに現在のフォルダ名のみが表示される。これを、完全なパスで表示するよう変更する。

エクスプローラでクイックアクセスではなくPCを開く

Windows 10では、エクスプローラーを開くと「クイックアクセス」が表示される。クイックアクセスには、「よく使用するフォルダー」と「最近使用したファイル」が表示される。これを「PC」が開くように変更する。

よく使うフォルダーをクイックアクセスに表示しない

クイックアクセスを開くと、よく使うフォルダーが表示される。よく使うフォルダーを周囲に見られると困る場合は、表示しないように設定しておくべきである。

最近使ったファイルをクイックアクセスに表示しない

クイックアクセスを開くと、最近使ったファイルが表示される。最近使ったファイルを周囲に見られると困る場合は、表示しないように設定しておくべきである。

ナビゲーションウィンドウにすべてのフォルダーを表示する

エクスプローラー左側のナビゲーションウィンドウに、すべてのフォルダーを表示するための設定。デスクトップがルートフォルダとして表示されるようになる。

ナビゲーションウィンドウで開いているフォルダまで展開する

フォルダを開くと、自動的にナビゲーションウィンドウのフォルダも展開され、現在のフォルダが選択された状態になる。